鯖江100年の眼鏡職人の知識と、
日本の全ての匠の技が必然的に組み合わされ、
コラボレーションされた自由発想のデザイン

自由な発想 × 一流の眼鏡職人

最善の選択で眼鏡を生み出す。これが私たちの提唱する「ノーコンセプト」です。

日本の眼鏡技術は「性能・かけ心地・品質」どれをとっても最高峰の技術です。
極小の部品一つの中にも、ユーザーの立場に立った「真心」ある技術が積み上げられています。
眼鏡を単純に視力矯正の製品と捉えれば、それだけで良いのかもしれません。
ただ、眼鏡にはかける者の人格や個性、トータルのファッションにまで大きな影響を与える「存在感」があります。私たちはその「存在感」を「確かな表現」に再生するためにブランドを立ち上げました。
フォーマルにもカジュアルにも、ユーザーの個性を引き出し、人格を引き立てるデザイン性能。そのデザイン性に日本の眼鏡技術でかけ心地と耐久性を与え、高品質なファッションアイテムに創りかえる─。
そこには 「そのデザインとして存在していること」 「その眼鏡をかけること」 の必然性が生まれてくるのです。
近年、日本の眼鏡市場の中にも、少しずつハウスブランドが浸透してきています。世界の有名ブランドをはじめ、注目をされるハウスブランドの多くは、日本の眼鏡産地である鯖江で生産されています。
100年以上の歴史を持ち、世界の眼鏡を支えるこの地には、世界最高水準の職人が集まっています。私たちはデザイナーの自由な発想と、日本の誇る一流の眼鏡職人とのコラボレーションを実現することで既成の概念を捨て、新たな常識を生み出すために歩み続けています。 流行を追うのではない。 最先端技術を追うのではない。
最善の選択で眼鏡を生み出す。 これが私たちの提唱する「ノーコンセプト」です。